教員紹介

秋月 高太郎 (Kotaro Akizuki)

秋月先生
研究分野
言語学(社会言語学、語用論)
所属学会
言語学会、英語学会、社会言語科学会、マンガ学会
担当科目
日本語論、社会言語論、言語表現編集技術演習、コミック言語分析論、など
メッセージ
 私たちが日常用いていることばは、私たちの社会や文化と深く関わっています。かつて文学がことばにさまざまな影響を与えたように、今日、マンガやアニメといったサブカルチャーが、ことばやコミュニケーションのあり方に影響を与えています。そのようなことばと文化のかかわりについて考えていきたいと思っています。
ゼミ
秋月ゼミ
コミック
フィギュア
プロフィール
 1963年(アニメ「鉄腕アトム」放送開始年)東京に生まれる。思春期を、中高一貫男子校という極限状況下で、マンガ・アニメ・特撮に耽溺して過ごす。浪人・大学時代に、少女誌にマンガを投稿するが、Aクラス止まりで挫折。就職したくないという理由から勉強を始め、学問の世界に目覚める。大学院進学後は、学問一筋と思いきや、マンガ・アニメへの愛は断ち切れず、ガンプラをつくって過ごす。短大就職後しばらくは、英文科教員としてふるまっていたが、21世紀を迎えて「おたく」カミングアウトし、現在に至る。
論文・著書・受賞歴など
論文
スパムメールのレトリック 『日本語学』2008年5月号
ブログに書かれること、書かれないこと〜ブログ「会話」の含意『日本語学』2007年4月号
失われた「ためらい」〜少女マンガヒロインの変遷 『文学』2006年11,12月号
現代少女マンガにみる「女性ことば」 『言語』2006年3月号
ケータイメールの日本語 『Mobile Society Review 未来心理』vol.003
著書
『ありえない日本語』ちくま新書
『日本語ヴィジュアル系』角川oneテーマ21新書
『デジタル社会の日本語作法』岩波書店(共著)
趣味・特技
クレイアニメーション制作、ギター弾き語り、フィギュア収集
ブログ・ホームページ
サブカルチャー言語学
short column
本の山に埋もれて...

 先日、部屋のリフォームをした際に、本(大半はマンガ)の大移動を行いました。移動のために本棚から出すのに丸1日、移動した本棚に戻すのに数日かかりました(笑)。作業をしながら、「あっ、これもってたんだあ」とか、「あれ、○巻がない。そうだ、××に貸したままだ!」とか、「同じのが2冊ある」と思ったら、再販の異なるバージョンで買ったんだと思い出したり...。

 今回のリフォームで約6畳2部屋を書庫に改造したので、しばらくはなんとかなりそうです。その後は...知り合いの古本屋さんに引き取ってもらうしかないかな...(笑)